スガワラグミ 株式会社菅原組

海洋土木を通じて地域に貢献。新事業にも挑戦中です。

自社で4隻の起重機船を所有(写真は「第七すがわら号、第八すがわら号」)

自社で4隻の起重機船を所有(写真は「第七すがわら号、第八すがわら号」)

 当社の創業は1956年。戦後の混乱がひと段落つき、港や道路などのインフラ整備が始まった頃です。道南を中心に漁港、沿整事業施工に携わり、1979年には自航式起重機船「すがわら丸」を建造。自社船による直接施工体制により受注をのばし、1993年には工事完工高25億円を突破しました。2000年以降は公共事業が削減傾向に入ったため、「新創業期」と位置づけ、様々なチャレンジにより、会社の継続的な発展を図っています。

 例えば、「自掃装置付きブロック魚礁の開発」(2006年特許取得)。海流や波の力を利用して雑海藻などを除去する仕組みで、潜水夫を使って掃除する従来の方法に比べると大幅な手間とコストを節約することができるブロックを開発しました。

 2012年には岩手県大船渡市に営業所を開設し、東日本大震災による復旧工事を受注。今後数年でひと段落つきますが、その後は、震災以降の期間に本来施工する予定であった工事が発注される見込みであり、当社も引き続き一役を担いたいと考えています。
 2014年には、函館市石川町(約4,700㎡の敷地)に容量217.8KWの太陽光パネルを設置。年間発電量277,000KWを見込む、売電事業を開始しました。

 また、2008年から取り組む社会貢献事業として、松前町でのコンブ養殖プロジェクトがあります。松前町では漁師の高齢化が進み、コンブ養殖事業も縮小化していました。当社が遊休施設を使って事業に参画することで、新たな雇用を作り、組合の売上に貢献しています。漁業が活況でなければ、港の仕事は生まれない・・・私たちは地域貢献に取り組みつつ、自らの未来を創造しています。

あなたと熟練社員との、新しいチームワークを創造したい

株式会社菅原組 代表取締役 菅原修

株式会社菅原組 代表取締役 菅原修

【社長メッセージ】
 当社はおかげさまで2016年に、創業60年を迎えました。長年の経緯の中で固定化してしまっている部分がありますので、今、時代変化に合わせた社内改革できるかどうかが、生き残りの要だと考えています。
 期待人材像は、例えば書類整理ひとつとっても、ただ言われた通り作業するのではなく、「こう変えればもっと良い書類になる」「こうしたら効率的になる」と提案する姿勢を持った方です。また、測量などの機械はIT化が進んでいますので、ITの知識を持った方も歓迎です。
 良い方に入社いただき、また、長く勤めていただくために、近年、入社後の教育プログラムを見直しました。昔のような「背中を見て覚えろ」という時代ではないですからね。入社後1年間は本社にて座学と実践の研修を実施し、その後徐々に、現場での業務に取り組んでいただきます。
 あなたの経験、知識、意欲で、ぜひ当社に新しい視点や改革をもたらしてください。

  • 社会貢献の一環で、小学校の写生会への重機貸し出しや、イベント「はたらくのりもの」への協力をしています。

    社会貢献の一環で、小学校の写生会への重機貸し出しや、イベント「はたらくのりもの」への協力をしています。

  • 毎年夏、函館港まつりの一環として行われる「函館ペリーボート競漕」に参加しています。

    毎年夏、函館港まつりの一環として行われる「函館ペリーボート競漕」に参加しています。

  • グループ会社が経営する焼肉店「牛角」。社員割引で美味しいお肉が食べられます!

    グループ会社が経営する焼肉店「牛角」。社員割引で美味しいお肉が食べられます!

社員インタビュー

  • 工事部(入社11年)
    工事部(入社11年)

    私は北斗市出身で、本州で10年働いた後Uターンで当社に入社しました。ちょうど30歳の時です。Uターンして良かったのは「生まれ育った町で、のびのびと生活できること」です。建設業は全国どこでも仕事内容が基本的に同じなので、仕事面での心配はないと思います。大手より中小企業のほうが現場経験を積めて、早く一人前に成長できるのではないでしょうか。当社は、海の工事に特化しています。この道南地域は、太平洋、日本海、さらに津軽海峡…いろんな海で仕事ができる、日本でも珍しい地域ですよ。こんな恵まれた土地、自分の生まれた街で物を造る喜びはひとしおです。

  • 工事部(入社21年)
    工事部(入社21年)

    札幌市の土木の専門学校在学中、いろんな求人票を見る中で「どうせなら地図に記載される工事がやりたい」と思い、菅原組を選びました。
    入社して感じるメリットは、当社は中小企業であるため、社員みんなの名前・顔を覚えやすいことです。各自が、自分の意見や主張を言い合えるアットホームな会社です。入社してみないと分からないことが多いので転職活動中は不安に感じられることもあると思いますが、当社をぜひ、検討する一社に入れていただきたいです。

会社概要

株式会社菅原組

海洋土木を通じて地域に貢献。様々な新事業にも挑戦中です。

事業内容
総合建設業、港湾・漁港の建設・浚渫及び水産関係を主体とした土木工事業
所在地
〒040-0076
北海道浅野町4-16
その他
市内・市外の
拠点について
支店/松前・札幌 営業所/大船渡 関連会社/福島工業株式会社、株式会社カンエー
TEL
0138-44-3710
FAX
0138-62-3710
設立年
1959年12月
代表者
菅原 修
従業員数
アルバイト・契約社員等を含む全従業員数 77名
正社員 44名
資本金
65,000,000円
売上高
(前年度実績)
2,673,759,000円

現在募集中の求人情報(IJUターン向け)

求人情報1

土木技術者

求人タイプ一般求人
仕事内容当社は総合建設業「港湾・漁港」の建設・浚渫及び水産関係を主体とした土木工事業です。「港湾・漁港」の建設とは、防波堤・防潮堤・岸壁・波消ブロック製作据付等の施工です。

元請公共工事の発注者は北海道開発建設部、渡島総合振興局、函館建設管理部、北海道各建設管理部、函館市、函館市企業局等です。又下請工事も公共工事が大半を占め、平成23年より東日本大震災の復旧・復興工事に携わり、社会に寄与しています。

この度、組織体制強化のため、土木工事現場の施工管理等に従事できる1級・2級土木施工技士の有資格者を募集することにいたしました。

※勤務地は本社(函館市)ですが、就労場所は主に渡島・檜山管内、北海道全域及び岩手県となる場合もあります。
勤務地 本社(函館市浅野町)
勤務時間 8:30~17:30 (休憩1時間、実働8時間/工事現場就労時は始業7:00~17:00(休憩2時間、実働8時間)となる場合があります)
※時間外勤務 月30時間程度
休日休暇 週休2日(土、日)、祝日、夏季(5日)、冬季(8日)
※工事現場勤務の場合、気象・海象状況により休日出勤あり
給与 手当を含まない基本給:
月150,000円~230,000円

手当を含む総支給額:
月200,000円~400,000円

賞与(前年実績):
年2回、計4月分

モデル年収
求める人材
募集の背景
※詳細な求人情報の閲覧にはIJUターン相談コーナーへの
求職者登録が必要です。



企業一覧へ戻る

当サイト掲載求人への
応募・お問合せ先

函館市IJUターン相談コーナー

[函館市経済部労働課内]

応募の流れ

※応募には求職者登録が必要です

STEP
1
求職者登録
STEP
2
マッチング

※応募したい求人をお知らせ下さい。
※企業からあなたへのリクエストが入った場合はお知らせします。

STEP
3
あなたと企業のニーズが一致すれば、就職決定!

※採用試験の日程などは企業と直接調整していただきます。

求職者登録のご案内

応募の前に

登録情報の再確認を!

企業側はあなたが登録した情報で一次選考をします。内容を最新に、そして、自己PRにつながる情報はご記入ください。

ページトップへ戻る