カブシキガイシャ エビスパック 株式会社 ヱビスパック

創業50年!新商品開発、新市場開拓でさらなる成長を目指します

社長インタビュー

※本記事は函館しごとネット編集部が、株式会社ヱビスパック 対馬社長に同社の歩みや特徴について伺ったインタビューです。

-創業50年、おめでとうございます。まずは御社の歴史について教えてください。

対馬社長(以下、対馬):ありがとうございます。おかげさまで弊社は2018年に創業50年を迎えました。創業者は私の父、対馬正明です。父は若い頃、東京・築地市場にある食品加工メーカーに勤務しました。父の技術や指導力は評価されていたようで、会社から派遣されて、韓国へ乾燥珍味の製造技術指導に行ったこともあると聞いています。父は1968(昭和43)年、29歳の時に函館に戻り、「対馬商店」を設立。函館の海産物を使った珍味の製造を始めました。


-築地市場で身につけた技術力をもってすれば、順調な滑り出しだったのでは。

対馬:いいえ、最初は苦労したようです。5年間の試行錯誤の結果、最初に父が生んだヒット商品は真空パックの「とうもろこし」なんですよ。


-「いかめし」じゃないんですか。

対馬:はい。父は珍味業界や家庭の食の将来を見据えて、当時、この地域には無かった真空パックの設備を導入しました。周囲からは「大丈夫か」と心配されて、口さがない噂もたったと聞いています。しかし父はそんなことを意に介さず商品開発に取り組みました。
試行錯誤の末、父が目を付けたのは「とうもろこし」。旬の時期に大量に採れて、もぎたてが美味しい「とうもろこし」は真空パックにピッタリの食材でした。売り出したところ、家庭でいつでも手軽に、甘くてジューシーなとうもろこしが味わえるとあって大ヒット。今ではスーパーや土産店でたくさんの真空パックとうもろこしが販売されていますが、実は、弊社が元祖です。


-真空パックとうもろこしの元祖は御社だったとは!その後、どのように商品を展開されていったのですか。

対馬:とうもろこしがヒットしたものの、旬の時期は短く、それ以外の時に仕事がない、というのでは会社として成り立ちません。そこで、目を付けたのが函館の郷土食「いかめし」でした。これまた、最初はいろいろと言われたようですが…。真空パックにすることで常温保存が可能となり、家庭の保存食として、また、函館を代表するお土産として、ヒットしました。弊社の成功を見た同業者は一斉に、真似したそうです(笑


-先駆者ならではの「あるある」ですね(笑

対馬:1978(昭和53)年には法人化し、社名をヱビスパックとしました。これからは横文字の時代だろうということで…商売繁盛の福の神「恵比寿」と、真空パックの「パック」を組み合わせた社名です。


-ユニークな社名は、「真空パック」が由来だったんですね。

対馬:営業に行くと、包装資材や容器の会社と間違われることもあります(笑

現在の本社工場

現在の本社工場

-その後は、事業をどのように発展されたのですか。

対馬:1980年代は全国からの受注が増え、工場の新築や増設をしながら、製造能力を増強していきました。1988(昭和63)年に現在地に移転し、当時あった亀田港工場も合併する形で、建物面積340坪の本社社屋工場を新築しました。2006(平成18)年にはクリーンルームを改築し、高いレベルでの安心・安全な食品の製造体制を整えました。


-製造された商品は、どのように消費者に流通していますか。

対馬:弊社は、製造までです。首都圏と北海道のデパートやスーパー、食料品店に卸しています。また、専門業者に委託して、全国で行われる北海道物産展などの催事や、カタログでも販売しています。「いかめし」が店頭にあったら、パッケージの記載を確認してみてください。製造元のところに「ヱビスパック」という社名を発見していただけるかもしれません。


-御社の「強み」はどのような点ですか。

対馬:顧客企業のご要望を汲み取った、オリジナル商品を製造できるところです。さらに、小ロットから対応します。
「いかめし」にも様々な作り方があります。例えばある企業からは、「いかの生臭さを取ってほしい」という要望がありました。


-いかが生臭い、ですか。いままで、そんなふうに感じたことはないですが…

対馬:食に対する考えは千差万別ですね。若い方の利用が多い食品店を運営する企業なので、「新しいいかめしを」というご要望につながりました。そこで弊社は、いかを魚醤に漬け込んだ後、軽く炙って、いかめしにしました。


-おいしそう!

対馬:はい。温めると香ばしい香りが広がって、食欲をそそりますよ。また、この商品は若い女性が買いやすいように、食べきれる小ぶりサイズで、値段も手ごろにしました。


-「いかめし」にもいろんなバリエーションがあるんですね。

対馬:他には、中に詰めるご飯を玄米にしたり、松前漬けの炊き込みご飯にしたり。無添加にしたり。可能性は無限です。効率は良くはありませんが…でも、弊社が今、生き残れているのは、小ロットからオリジナル商品を企画・製造できる対応力があるからこそなんです。

-ほかには、どのような強みがありますか

対馬:弊社を生かしてくださる企業とお取引するようにしています。具体的には、良い品を適正な価格で消費者に提案する販売店、高級スーパー路線の企業とタッグを組んでいます。今、ここでは申し上げられませんが、皆さんが「えっ!面白い!」と感じられる企業とのコラボレーションの話もあるんですよ。

あとは、社員の定着率がいいです。私は現場にうるさく言うタイプじゃないから、居心地がいいのかな。ああでもこのことは、弱みでもあります。


-御社の「弱み」とは。

対馬:私含め社歴の長い社員が多いので、年々、考えが固定化してきますね。それではダメだと、強く思っています。商品企画についても、売り先についても、新しい発想ができる方が必要です。


-今後に向けて、どのような取り組みをされていますか。

対馬:商品開発については、専門家に参画していただいて試作品を作っています。また、海外への販路を開拓しています。香港、台湾、シンガポールなどのアジア圏に加えて、アメリカでの販路も模索しています。


-海外ですか!

対馬:函館には同業が4社ありますが、海外に積極的に打ってでているのは弊社だけではないでしょうか。弊社は今まで、何事にも一番手を目指すことで存続してきましたので…他に先駆けて、海外を目指しています。

今、正直言って商売は苦しいです。でも、仕事は楽しいんですよ。ちょっとしたきっかけで浮上できると思っています。今後、新しい展開を進めるにあたって、私のパートナーとして活躍してくださる人材を求めています。

日本食ブームの今、海外にも可能性が広がる

日本食ブームの今、海外にも可能性が広がる

-では社長、記事掲載のために写真撮影をお願いしたいのですが。

対馬:ごめんなさい、写真はちょっと勘弁を…


-えっ社長、ハンサムですし、いいじゃないですか。

対馬:いや、ちょっとね、写真は苦手で。このサイトを通じて弊社に興味を持ってくださる方がいたら、私が直接、会社説明をします。東京在住の方でしたら出張のタイミングに合わせて、私が東京に出向いてお話しさせていただきますので。顔はその時に、ということで勘弁してください。


-そうですか。では、写真の代わりに社長の個人的なお話を伺えますか。

対馬:はい、今年で48歳になります。大学卒業後、株式会社ニチロ(現在のマルハニチロ株式会社)にて営業として勤務しました。もともとは製造スタッフとして入社したはずなのに、入社後の試験で「営業に適性」と出て、営業にまわされましてね。最初は嫌々だったんですが、あちこちお邪魔していろんな方のお話を聞くうちに、営業が面白くなりました。今は、70代の経営者のお話を聞くのが面白いですね。武勇伝を伺うことが多いんですが、本当に彼らは偉大だなあと。

趣味は旅行ですね。営業を兼ねて全国のあちこちや、海外に行きます。最近は中でも、東京にハマってますね。必ず築地市場に行って、家族ぐるみで経営しているお店の人たちの様子や、お客さんとの会話を聞くのが楽しいです。上野や浅草にもよく行きますね。


-ありがとうございました。対馬社長とお話してみたいと思った方はぜひお気軽に、函館市IJUターン相談コーナーにご連絡ください。

対馬:皆さんからのご連絡を、お待ちしています!

会社概要

株式会社 ヱビスパック

いかめし造り40年 頑張る人を応援する企業です

事業内容
昭和43年創業。いかの乾燥珍味を手掛け50年。10年後には真空パック製品を手掛け、後に北海道物産展やお土産店で定番の真空パックの「いかめし」が誕生しました。いかめしを主力にいかなど海産物や農産物を加工し、販売する会社です。お陰様で今では海外でも販売され、多くの外国人の方々にも召し上がって頂いております。
所在地
〒041-0812
北海道函館市昭和3丁目23-6
TEL
0138-45-1359

※求人への応募・お問合せは函館市IJUターン相談コーナーにご連絡ください。お問合せフォームはこちら

FAX
0138-45-1399
設立年
1978年5月
代表者
対馬 正樹
従業員数
アルバイト・契約社員等を含む全従業員数 16名
正社員 5名
資本金
20,000,000円

現在募集中の求人情報(IJUターン向け)

求人情報1

製造スタッフ

求人タイプ一般求人
仕事内容一般的には、原料を加工し、製品に仕上げる業務です。特に操作が難しいなどの機械はございません。女性スタッフが中心に製造しますので、その補助や管理となります。食品工場ですので、衛生面で機械含め場内の清掃や製造記録管理、そして自由な発想を生かす商品開発が重要になります。また、営業も道内や関東中心にした営業となりますが、出張は多くありません。自分で計画し行動するパターンです。得意先と共同で商品作りに励んだり、時には海外へ足を運び、そして多くの方と接触し、固定観念を捨てた営業が出来れば案外面白いです。
勤務地 函館市内
勤務時間 8:00~17:00 (休憩1時間)
※時間外勤務 月10時間程度
休日休暇 日曜・祝日・GW・お盆・年末年始 (土曜は休日ですが業務状況により、稼働します。)
給与 手当を含まない基本給:
月190,000円~250,000円

手当を含む総支給額:
月200,000円~260,000円

賞与(前年実績):
年1回


給与に関する補足:
賞与・昇給は、会社の業績、個人の努力・成績により決めております。支給が無い年もございます。
モデル年収
求める人材
募集の背景
※詳細な求人情報の閲覧にはIJUターン相談コーナーへの
求職者登録が必要です。



企業一覧へ戻る

当サイト掲載求人への
応募・お問合せ先

函館市IJUターン相談コーナー

[函館市経済部雇用労政課内]

応募の流れ

※応募には求職者登録が必要です

STEP
1
求職者登録
STEP
2
マッチング

※応募したい求人をお知らせ下さい。
※企業からあなたへのリクエストが入った場合はお知らせします。

STEP
3
あなたと企業のニーズが一致すれば、就職決定!

※採用試験の日程などは企業と直接調整していただきます。

求職者登録のご案内

応募の前に

登録情報の再確認を!

企業側はあなたが登録した情報で一次選考をします。内容を最新に、そして、自己PRにつながる情報はご記入ください。

ページトップへ戻る